稀勢の里の横綱昇進で臨時理事会招集を要請

[ 2017年1月22日 13:26 ]

 大相撲初場所で初優勝した大関稀勢の里関の横綱昇進について、日本相撲協会審判部は千秋楽の22日、昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請することを決めた。

 審判部は同日、会議を開き、二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「優勝が決まったし、昨年は年間最多勝も取った。(理事会では)誰も物言いは付けないでしょう」と述べた。千秋楽の横綱白鵬関との対戦結果にかかわらず、判断したという。

 理事会開催が決まった場合、八角理事長は23日の横綱審議委員会に昇進を諮問。出席委員の3分の2以上の決議があれば推薦が決まる。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年1月22日のニュース