特殊レーキ使用しバンカー難度アップ 16年日本プロゴルフ選手権

[ 2015年9月1日 07:30 ]

レーキを持って違いを説明する倉本会長

 日本プロゴルフ協会は、来年の日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯の会場となる北海道クラシックGCで開催概要などを発表した。

 倉本昌弘会長は「来年の選手権ではバンカーを有効に使いたい」と話し、今年の全英オープンでも使用された特殊なバンカーレーキ(バンカーをならす道具)を用意。砂が波状にならされるため「クリーンに打つのが難しい」と難度を高くする。

 また18年大会は千葉・房総CC、19年大会は鹿児島・いぶすきGC開聞Cで開催されることが決まった。来年と17年の大会日程も決定。16年は7月7~10日、17年は5月11~14日に沖縄県の喜瀬CCで行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年9月1日のニュース