日本、中国との全勝対決制し1次L1位通過 残り3秒で逆転!

[ 2015年9月1日 22:22 ]

中国に勝利し、喜ぶ渡嘉敷(右から2人目)ら日本選手たち

 バスケットボール女子の16年リオデジャネイロ五輪予選を兼ねたアジア選手権の予選ラウンドが1日、中国・武漢で1次リーグが行われ、日本はアジア最強の呼び声高い中国を57―56の僅差で交わし、1位通過を手中に収めた。2日に格下のタイと予選最後の試合を行う。

 第3ピリオドまでリードし、迎えた最終ピリオド。序盤に逆転を許した日本は米WNBAで活躍する渡嘉敷らを中心に徐々に差を詰めていった。そして、残り3秒。1点差を追う中、キャプテンの吉田が得点を決めて逆転に成功。初戦の韓国を接戦の末に下し調子を上げて迎えたライバルとの一戦で価値ある勝利を挙げた。

 日本が1位突破すれば、4位通過が濃厚な韓国または台湾と4日に準決勝を行う。5日の決勝で優勝を飾れば3大会ぶりの五輪出場が決定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2015年9月1日のニュース