西岡、初戦突破へ…錦織の助言で勝利のイメージ膨らませる

[ 2015年9月1日 05:30 ]

1日にフランスの選手と対戦する西岡良仁

 テニスの4大大会今季最終戦、全米オープンが8月31日、ニューヨークで開幕。2年連続で本戦出場を決めた世界ランク128位の西岡良仁(19=ヨネックス)は1日に行われる1回戦で同80位のポールアンリ・マチュー(33=フランス)と対戦する。

 大先輩から金言を授かった。西岡は第4シードの錦織圭(25=日清食品)と同じIMGアカデミーで練習を積んだホープ。今年の全仏オープンでマチューにストレート勝ちした錦織と29日にランチをともにし、「バックハンドのクロスはいい球を打ってくる」と助言を受けた。「第2サーブも攻められると言われたので、トライしてみようかな」とイメージを膨らませた。

 マイブームは将棋。「何手も先を読んで作戦を練るというところはテニスに近い」と移動中は携帯アプリで“頭脳トレ”に励む。錦織2世は、金言をもとに会心の一手で初白星をものにする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年9月1日のニュース