女子バスケ代表、台湾下し1次L開幕3連勝で準決勝進出決定

[ 2015年9月1日 05:30 ]

<日本・台湾>台湾を下して準決勝進出を決めた日本の選手たち

 来年のリオデジャネイロ五輪予選を兼ねたバスケットボール女子のアジア選手権第3日が8月31日に行われ、日本は台湾を60―44で下し、1次リーグ開幕3連勝で4位以内を確定して準決勝進出を決めた。

 日本は第1クオーターで8―15と相手に先行を許したが、篠崎、山本(ともに富士通)らの活躍で第2クオーター途中に逆転。後半も相手ディフェンスに苦しみながら、地力の差で押し切った。優勝で五輪出場が決まり、2位か3位なら来年の世界最終予選へ回る。=中国・武漢=

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年9月1日のニュース