ジョーンズHC、代表31人「経験者と若手のバランスいい」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

会見中に笑顔を見せる(前列左から)エディー・ジョーンズHCとリーチ・マイケル主将
Photo By スポニチ

18日開幕ラグビーW杯 日本代表メンバー発表

 世界的名将として知られるジョーンズHCは31人のメンバーについて「経験者と若手のバランスが非常にいい」と話した。4月当初はプロップは5人選ぶとしていたが、フタを開けてみれば4人。「本来なら5人。(故障の)平島(神戸製鋼)を入れたかった」と苦しい胸中を告白した。

 日本国籍を取得した選手も含め、外国出身選手は10人が含まれた。ジョン・カーワンHC体制で臨んだ前回大会は30人中10人が該当者。12年4月の就任当初は日本人を中心に代表選出をしていたものの、結果的に同数となったことについては「選手の育成は私の仕事ではない。もし理想を話せば、清宮さん(ヤマハ発動機監督)をHCにして、全選手を日本人にすればいいが、実現にはかなりの努力が必要」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年9月1日のニュース