20歳の時松、64で首位浮上 インドネシア・プロ選手権第2日

[ 2014年3月28日 20:22 ]

インドネシア・プロ第2日、通算13アンダーで首位に浮上した時松隆光

 インドネシア・プロ選手権第2日は28日、ジャカルタ郊外、ダマイ・インダ・クラブ(7156ヤード、パー72)で行われ、8位から出た20歳、時松隆光がボギーなしで8バーディーを奪って64をマークし、通算13アンダーの131で朴相賢(韓国)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)と並ぶ首位に浮上した。

 30歳の松村道央が67で回って1打差の4位、上井邦裕は通算9アンダーの8位につけた。66をマークした河野祐輝、岩田寛、小平智は8アンダーの16位に浮上。藤田寛之は7アンダーの29位で宮里優作、池田勇太は47位。3アンダーまでの73選手が予選を通過した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年3月28日のニュース