松村 ノルマ達成で好位置、ピンチでの集中力さえた

[ 2014年3月28日 22:11 ]

インドネシア・プロ第2日、9番でティーショットを放つ松村道央

インドネシア・プロ選手権第2日

(3月28日 ジャカルタ郊外 ダマイ・インダ・クラブ=7156ヤード、パー72)
 松村はボギーなしの5バーディー。ノルマとしている「1日4アンダー」を2日続けて上回り、好位置をキープした。「風もなかったし、ちょうど5アンダーくらいいきたかった」と納得の表情を浮かべた。

 四つのパー5のうち三つでバーディーを奪い、2番では4メートルのパットを沈めてパーセーブするなど、ピンチでの集中力もさえていた。「日本のツアーは強いというところを(海外で)見せたい」と力強かった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月28日のニュース