2大会連続3位フェルナンデス 同門の羽生に脱帽

[ 2014年3月28日 22:35 ]

フィギュアスケート世界選手権第3日 男子フリー

(3月28日 さいたまスーパーアリーナ)
 2大会連続3位のフェルナンデスは、同門の羽生に脱帽した。ともにカナダのトロントでオーサー・コーチに師事する仲間。「うまく滑れたけど、ユヅルがさらに素晴らしい演技を見せた。五輪と世界選手権で優勝はすごい」と祝福した。

 2種類の4回転ジャンプを計3度跳んで合計の自己ベストを更新した22歳のスケーターは、羽生と同様に潜在能力を高く評価されている。「ユヅルにいつも刺激を受けている。僕も同じレベルになりたい」と切磋琢磨を誓った。

 ▼ブライアン・オーサー・コーチの話 ブライアン・オーサー・コーチの話 五輪の金メダリストでただ一人世界選手権を戦ったユヅル(羽生)の勇気をたたえたい。誇りに思う。責任をうまく自分のものにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月28日のニュース