遠藤 幕内初の二桁勝利 琴欧州は大関復帰ならず

[ 2014年1月24日 17:56 ]

遠藤がすくい投げで琴欧洲を破る

 大相撲初場所13日目は24日、両国国技館で行われ、横綱・白鵬は先場所で黒星を付けられた大関・稀勢の里を押し出しで下し、全勝をキープ。稀勢の里は7勝6敗となった。

 1敗の大関・鶴竜は2度目のカド番を脱出した大関・琴奨菊を下し1敗を守った。関脇・琴欧洲は遠藤にすくい投げで敗れて7勝6敗。10勝以上が次場所での大関復帰の条件だったが、次場所の大関復帰はなくなった。遠藤は自身初の幕内二桁勝利となる10勝3敗。

 13日目を終えて、幕内の優勝争いは全勝の白鵬と1敗の鶴竜の2人に絞られた。

 十両は千代丸が1人2敗を守り、11勝2敗。3敗で佐田の海と照ノ富士が追う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月24日のニュース