佳菜子 練習で2連続3回転着氷も…右足首痛気にする

[ 2014年1月24日 22:04 ]

公式練習で右足首を気にする村上佳菜子

 四大陸選手権女子SPで首位発進したソチ冬季五輪代表の村上佳菜子(中京大)は24日、2度の公式練習で25日のフリーへ感覚を確かめ、2連続3回転ジャンプを着氷させた。痛みがある右足首を気にする様子を見せ、1回目の練習を途中で切り上げたが、山田満知子コーチは「大丈夫。ちょっと痛みがあるところもあるのでフリーもあるし、五輪もあるから」と説明した。2度目の練習では割り当て時間の最後まで調整した19歳のホープは、初出場の五輪に弾みをつけるため「自信につながる演技ができれば」と語った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月24日のニュース