故障明けの松山。「思ったスイングはできていない」

[ 2014年1月24日 17:25 ]

第1ラウンド、2番でアプローチショットを放つ松山英樹

ファーマーズ・インシュアランス・オープン第1日

(1月24日 カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGCの2コース=パー72)
 故障明けの松山は南と比較して易しい北コースで伸ばせなかった。「思ったスイングはできていない。練習が足りない証拠」と悔しがった。

 左手を痛め、実戦は8週間ぶり。その影響からか1番(パー5)でドライバーショットが右に出るなど荒れ気味だった。それでも17番で8メートルのパットを沈め、18番(パー5)も3打目をうまく寄せて連続バーディーで締めくくった。「2日目はなんとかフェアウエーをキープして、予選通過できれば」と語った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月24日のニュース