平野がXゲーム欠場 右足首の捻挫で大事取る

[ 2014年1月24日 20:04 ]

 ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプ代表で15歳の平野歩夢(バートン)が、23日に米コロラド州アスペンで行われた冬季Xゲームのスーパーパイプを欠場した。全日本スキー連盟によると右足首の捻挫のため大事を取った。

 12日の国内での個人練習中に痛めた。軽症との診断を受けて予定通り13日に海外遠征に出発して調整していたが、高難度の技の着地では足首に負担が掛かることから、五輪に万全を期すため出場を見合わせた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月24日のニュース