×

日本を撃破!メキシコ守護神「オチョア」がトレンド入り 三笘のゴールにもネット注目「すごいシュート」

[ 2021年8月6日 21:57 ]

東京五輪第15日 サッカー男子3位決定戦   メキシコ3―1日本 ( 2021年8月6日    埼玉 )

<日本・メキシコ>日本を下して銅メダルを手にし、DFモンテスと抱き合うGKオチョア(AP)
Photo By AP

 東京五輪男子サッカーは6日、日本が3位決定戦(埼玉スタジアム)でメキシコと激突。1―3で完敗し、53年ぶりのメダル獲得を逃すとYahoo!リアルタイム検索では「オチョア」がトレンド入り。日本のシュートをことごとく防いだメキシコ代表の守護神に注目が集まった。

 オーバーエイジ(OA)枠として五輪に参戦の36歳GKオチョアは、A代表でもW杯などで活躍。日本でも人気のある選手で、一部ファンの間では「オチョアが出るたびにムロツヨシが話題になるの草」「旦那がオチョアのこと「宇梶」と言うのだけど、わたしは、ムロツヨシだと思う」「オチョアって誰かに似てると思ったらムロツヨシか」など日本の有名俳優とも絡め話題に。

 この試合では容姿ではなくファインセーブ連発で日本の脅威に。ネットでは「オチョア鉄壁すぎるやろ」「あれ触ってるの凄いよーGK」「オチョアにペナルティエリア外は通用せん」「ブラジルW杯の時から観てたけどやっぱセーブうまいなぁ」「オチョアが神すぎて泣く。日本に来てくれてありがとう」と敵GKでありながらも絶賛の嵐。

 後半33分に失点すると、ネットでは「オチョアぱいせん右肩上抜かれた」「やっとオチョアの壁を破る」「キーパー肩の上しかもニアサイドってすごいとこにシュートしてて、オチョアもノーチャンスです」「オチョアのいいシーンも三笘のいいシーンも見れてわたし結構満足」とオチョアからゴールを決めたMF三笘にも注目が集まった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年8月6日のニュース