×

柏・上島「敗戦を引きずるようなイメージない」 リーグ再開初戦の9日・神戸戦へ自信

[ 2021年8月6日 16:13 ]

柏のDF上島拓巳
Photo By スポニチ

 柏のDF上島拓巳(24)が6日、約1カ月ぶりに再開するリーグ戦を前にオンラインで取材対応。9日に対戦する神戸には前半戦で敗れているが、「ホームの試合でもボールを持たれる時間は多かったが、相手のミスを引っかけてショートカウンターに出て行くシーンは何回かあった。そこまで敗戦を引きずるようなイメージはない」と強気に語った。

 6月は出場機会に恵まれなかったが、先月11日の鹿島戦で先発復帰。3バックの中央を務め、上位チームを相手に勝ち点3を奪う活躍を見せた。中断期間中の練習では「守備のオーガナイズを整えて、プレッシャーのかけ方や自分たちの立ち位置を確認した上で、どう攻撃につなげていくかというところに重心を置いていた」と、良い守備から攻撃へつなぐ“レイソルらしい”形を再確認した。

 さらに前節の鹿島戦や5月のアウェー横浜戦を例に挙げ、「ボールポゼッションの時間はそこまで多くなかったが、相手のミスを誘って自分たちが効果的なカウンターを繰り出した」と理想的な戦い方について言及。神戸はボール保持を強みとしているだけに「ミドルゾーンでブロックを敷いてそこからひっかけてカウンターが僕たちの強みの一つ」と、勝利へのイメージを思い描いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年8月6日のニュース