川澄奈穂美が“3位決定戦不要論”に言及「言いたいこと分からなくないです…でも」

[ 2021年8月6日 19:23 ]

川澄奈穂美
Photo By スポニチ

 元なでしこジャパンで、米女子プロリーグのゴッサムFCに所属するMF川澄奈穂美(35)が6日、自身のブログを更新。しばしば出て来る“3位決定戦不要論”に言及した。

 米国とオーストラリアが激突した東京五輪サッカー女子3位決定戦をテレビ観戦し「いやー、面白かった!!」として感想を詳しくつづった川澄。その流れで「三決不要論ありますよね?これについては様々な議論があって良いと思います」と続けた。

 「三決があると準決に勝ち進んだ4チームのうち1チームだけメダルがもらえない。そもそも優勝目指してやっていて、優勝がなくなったのに3位決める試合のモチベーションをどう保つんだ、3位が2チームでいいじゃないか、、、言いたいこと分からなくないです」と“3位決定戦不要論”に一定の理解も示しつつ「でも今日の試合観たらそんなこと絶対言えないなって思いました」と川澄。「両チームの入りからのテンションすごかった。勝ちたい気持ちがプレーに溢れまくってた」「やっぱりメダルが絡む戦いまで勝ち進むチームには理由があると思った」などとつづった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年8月6日のニュース