×

U24堂安「持てる力を全て出したつもり。本当に完敗」 ベスト8以降1得点に「責任を感じています」

[ 2021年8月6日 20:17 ]

東京五輪第15日 サッカー男子3位決定戦   日本1ー3メキシコ ( 2021年8月6日    埼玉 )

<日本・メキシコ>前半、ディフェンスに囲まれる堂安(右から2人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカーは6日、3位決定戦が行われ、日本はメキシコと対戦し、1―3で敗れて4位だった。1968年メキシコ五輪(銅メダル)以来、53年ぶりのメダル獲得はならなかった。

 日本は開始早々にPKにより先制点を許すと、その後も失点を重ね、1―3で完敗。試合終了の笛が鳴ると、堂安はピッチに座り込み、しばらく動けなかった。試合後のインタビューでは「持てる力を全て出したつもり。本当に完敗だと思う」と声を振り絞った。

 前半から失点を許し、なかなかゴールを奪えない展開に「どこかでチャンスが来ると思いながら、チャンスを狙ってましたけど、ベスト8に入ってから2試合、攻撃陣がノーゴールで今日も1点しか取れず、大会を通じて責任を感じています」と敗戦の責任を背負った。

 「代表として戦った以上、負けていい試合はないんですけど、これから先、この試合が自分のサッカーキャリアの大きな分岐点になったと言われるように、前を向いてやっていきたい」と、この敗戦を糧にさらなる成長を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年8月6日のニュース