×

日本 五輪男子サッカー悲願の53年ぶりメダル獲得ならず 三笘が一矢も…3位決定戦でメキシコに完敗

[ 2021年8月6日 19:53 ]

東京五輪第15日 サッカー男子3位決定戦   日本1―3メキシコ ( 2021年8月6日    埼玉 )

<東京五輪・男子サッカー 日本・メキシコ>後半、悔しそうに叫ぶ久保(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカーは6日、3位決定戦が行われ、日本はメキシコと激突。開始早々にPKにより先制点を許すとその後も失点を重ね、1―3で完敗。1968年メキシコ五輪(銅メダル)以来、53年ぶりのメダル獲得はならなかった。DF吉田麻也(サンプドリア)とDF酒井宏樹(浦和)は2012年ロンドン五輪と同じく4位という悔しい結果に終わった。

 試合は前半11分、左サイドからドリブル突破をしかけたFWベガをMF遠藤が倒してしまいファウルの判定。主審はエリア内の反則だとしてPKを指示。VARによってチェックが入るも判定は変わらず、これをFWコルドバに決められ先制を許した。日本は前半22分、後半13分とともにセットプレーから失点し、3点のビハインド。後半33分、途中出場のMF三笘が鋭いフェイントで相手をかわして左足でゴールを決め、1点を返したが反撃はそこまでだった。

 日本にとって68年メキシコ五輪の銅メダルは学校の教科書にも載せるような“歴史的快挙”として紹介。それ以来メダル獲得からは遠ざかり、中田英寿、中村俊輔、小野伸二など日本代表のレジェンドたちが挑戦するもメダルまで届かず。吉田と酒井は12年ロンドン五輪にも出場。史上2度目の準決勝進出を果たすもメキシコに1―3と敗れ、3位決定戦でも韓国に0―2と敗れ4位。リベンジを胸に誓った2度目の3位決定戦でも敗れ、悲願のメダル獲得とはならなかった。

 対戦したメキシコとは今大会1次リーグ第2戦(〇2―1)以来の再戦で、くしくも日本が唯一メダルを獲得した68年メキシコ五輪の3位決定戦と同カード。53年前はメキシコの本拠でFW釜本邦茂の2得点により2―0で勝利していたが、今度は日本のホームでリベンジされる結果に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年8月6日のニュース