×

浦和ロドリゲス監督がMF平野佑一獲得を歓迎!「チームのブレーンになるタイプを探していた」

[ 2021年8月6日 14:33 ]

オンライン取材に応じた浦和ロドリゲス監督
Photo By スポニチ

 浦和のリカルド・ロドリゲス監督(47)が6日、オンライン取材に応じ、J2水戸から加入する新戦力のMF平野佑一(25)について言及。「攻撃のときにゲームメークでき、守備でも期待したい。サッカーを理解していてポジショニングもうまいのでビルドアップでも生きると思う。彼がボランチでプレー出来れば、小泉を完全にトップ下で起用することも出来る」と歓迎した。

 今季、ボランチは層が厚いポジションだが、平野の獲得には狙いがある。「ボランチの補強は浦和に来た当初から考えていました。伊藤敦、柴戸も良い仕事をしている。阿部、金子もピッチに立った時は力になってくれる。例えば徳島のMF岩尾憲のようなチームのブレインになるタイプを探していて平野選手ならできるだろうと言うことで獲得しました。若い選手なのでこれからも成長できる」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年8月6日のニュース