兄・泰年氏が見た弟・カズ 53歳衰えないサッカー愛、皆は凄いと言うけれど…

[ 2020年9月24日 08:30 ]

明治安田生命J1第18節   横浜FC2-3川崎F ( 2020年9月23日    等々力 )

93年、Jリーグ初の兄弟対決が実現。兄の三浦泰年(右)と競い合うカズ
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグ第18節は23日、各地で9試合が行われ、横浜FCのFW三浦知良(53)が川崎F戦に今季初先発した。カズのJ1出場は07年12月1日の浦和戦以来、4680日ぶり。53歳6カ月28日は中山雅史(現J3沼津)のJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新した。試合は2―3で惜敗したが、世界に誇る偉業。カズの実兄で、日本代表などでともにプレーした三浦泰年氏(55)がメッセージを寄せた。

 今季最初に出場した8月のルヴァン杯鳥栖戦後、どんなふうに思ったかというのはラインで返信しました。ゴール前への入り方、あの付近にスッと出る動きは、今も感覚があるし相変わらずうまい。横浜FCは後ろでボールを回すので最終ラインから引き出す動きの話を長めに書きました。

 コアな話だし、意味が分からなかったら電話してと言いましたが、来なかったので理解してくれたんだなと。53歳の今もサッカーに対して吸収する素直さは昔と変わらない。自主トレ中も必ず「どう?どう?」って聞いてきますから。

 少年期は兄弟でサッカーばかり。家の中でも「ふり向くな君は美しい」を流しながら、畳の上で1対1をやった。当時は私の方が努力していたと思う。私がドリブルする横で、カズはボールを枕に寝てましたから。「コイツ、違う」と最初に思ったのはやっぱりブラジルです。

 静岡学園を卒業後、遅れてブラジルに渡った私は、既に留学から1~2年がたつカズの試合を見に行った。体つき、ゴールに向かう感じ、全て変わっていて「これは行くな」と。当然、努力もあるけどカズは高校に入る頃には既にブラジルで勝負と決めていた。目の前を頑張るだけでなく、はるか先を見る、頭の細胞が天才的なんです。

 カズを見ていると10年後も選手をやっていそう。それが日本サッカーの活性につながると信じていると思う。ストイックな選手がよく「好きなものを我慢して…」と言うけど、カズの場合は我慢じゃない。サッカーが好きで、単純にお酒や遊びより優先順位が上なんです。情熱を持ち続けるのもそう。皆が凄いと言ってもカズにとっては当たり前、兄としてそう思います。(元日本代表MF)

 ▽三浦兄弟(ヤスとカズ) 兄・泰年が55歳、弟・知良が53歳。ともに静岡学園からブラジル留学を経て読売クラブ入り。J発足時は兄のヤスが清水、弟のカズはV川崎へ。その後、V川崎、神戸では一緒にプレーした。日本代表でも93年10月、W杯最終予選を含む3試合で兄弟同時出場し、ドーハの悲劇も経験。泰年は現在「ヤスフットサルスタジアム世田谷」の経営責任者も務め、コロナ禍の営業自粛期間には自主トレ場として提供するなど、カズをサポートしている。

 ◆三浦 泰年(みうら・やすとし)1965年(昭40)7月15日生まれ、静岡市出身の55歳。静岡学園卒業後、サントス留学を経て読売クラブ、清水、V川崎、神戸などでMF、DFとしてプレー。03年引退後はJ2北九州、東京V、富山などの監督を歴任。今年1月にはブラジルで初の日本人監督としてソコロのU―20を指揮。現在は日本とブラジルのサッカーや文化交流を進める株式会社EMAの代表などを務める。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース