三浦淳寛新監督の神戸 ヘッドに林健太郎氏 スポーツダイレクターに平野孝氏

[ 2020年9月24日 12:32 ]

神戸の三浦淳寛新監督
Photo By スポニチ

 神戸は24日、三浦淳寛新監督(46)の就任とともに、ヘッドコーチに林健太郎氏(48)、三浦氏が担っていた強化部門トップのスポーツダイレクターに平野孝氏(46)が就任したことを発表した。

 この日にクラブはオンラインの会見を実施し、立花陽三社長が出席。新体制の決め手は18年から掲げる「バルセロナ化」というスタイルの継続であることを明かした。

 「三浦さんはウチのクラブを知っていることと、18年から“新しいスタイルで勝つんだ”ということを取り入れた張本人でございます。彼にこのスタイルを継続してもらって、常勝軍団になるようなチームを作ってほしいということでお願いしました」

 三浦氏は18年に神戸のスポーツダイレクターに就任。「バルサ化」を強化の側面から支えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース