柏・大谷、FK浮き球合わせて値千金の3季ぶり弾「良かった」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第18節   柏1-0札幌 ( 2020年9月23日    札幌ド )

後半7分、ゴールを決めガッツポーズする柏・大谷
Photo By スポニチ

 柏の頼れる主将が、3試合ぶりの勝ち点3を引き寄せた。0―0で迎えた後半7分、敵陣の中央左で獲得したFKから、MF大谷が浮き球を頭で合わせた。自身3シーズンぶりのゴールは値千金の先制弾。守備でも体を張り、今季5度目の完封勝利に貢献した。

 過密日程ながら、ここまで14試合連続で先発出場。在籍18年目の“ミスターレイソル”は「後半戦のスタートを自分のゴールで飾れたのは良かった」と胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月24日のニュース