キングから新首相へ――カズ、得点報告“お楽しみに”

[ 2020年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第18節   横浜FC2-3川崎F ( 2020年9月23日    等々力 )

<川崎F・横浜FC>ボールを追う三浦(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグ第18節は23日、各地で9試合が行われ、横浜FCのFW三浦知良(53)が川崎F戦に今季初先発した。カズのJ1出場は07年12月1日の浦和戦以来、4680日ぶり。53歳6カ月28日での出場は中山雅史(現J3沼津)のJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新した。

 【記者フリートーク】かつてカズが首相官邸をざわつかせたことがあった。突然、官邸内に姿を見せ、存在に気付いた報道陣が一斉に色めき立ったのだという。当時の情景をカズは「記者たちがバタバタバターッてね。背後からもの凄い足音が迫って来たよ」と振り返っている。

 訪問先は…といえば、今をときめく菅義偉首相で当時の官房長官だ。横浜FCの小野寺会長と親交がある関係で、カズも面識があった。得点を決めた16年6月岐阜戦の翌日で、得点報告と試合で着用したユニホームをプレゼントしたという。J1の舞台で53歳とは思えぬプレーを見せたカズ。今度は新首相に得点報告する日も遠くはなさそうだ。(カズ担当・牧野 真治)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース