サラゴサ香川、柴崎所属のレガネス移籍浮上 スペイン紙報道

[ 2020年9月24日 05:30 ]

 現地メディアで退団報道が出ているスペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)について、MF柴崎岳(28)が所属する2部レガネスに移籍する可能性が浮上した。23日付の地元紙エラルド(電子版)によると、今季1部から降格したレガネス、3部から昇格したログロニェスの2部2クラブが香川に興味を示しているという。

 サラゴサは財政難とEU圏外選手枠の問題を理由に、クラブにとっては高年俸(40万ユーロ=約4920万円)の香川の放出を望んでいると報じられていた。ただし、香川はサラゴサと契約があと1年残っており、残留を望んでいるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース