横浜FC 熟練コンビ 42歳俊輔&39歳松井、キングに負けじ躍動

[ 2020年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第18節   横浜FC2-3川崎F ( 2020年9月23日    等々力 )

横浜FC・中村俊(左)と川崎F・中村憲剛
Photo By スポニチ

 横浜FC、MF中村の黄金に輝く左足は健在だった。後半3分、初めて得たCKでDF小林のゴールをアシストした。先発は7月26日の浦和戦以来。右サイドに入り、攻守に豊富な運動量も見せた。前半22分にはゴール前でMF松井とともにかわされ、先制ゴールを許したが、伝家の宝刀で反撃のゴールを導き出した。

 カズ、松井と「134歳トリオ」の同時出場は初。松井は「カズさん、俊さんと久しぶりに試合ができて良かった。もう少し攻撃のところで見せられれば。そこはチームとしても課題」と話した。松井は前半37分にはカズを起点とした松尾からのクロスに飛び込み、左足でシュートを放ったがミートせず。得点すればカズの“ひとりカズダンス”に対抗し、自粛期間中に挑戦した“ひとりヨガ”ポーズを予告していたが、お預けとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月24日のニュース