川崎F・39歳憲剛、じん帯損傷以来326日ぶり先発「役割果たせるように」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第18節   川崎F3-2横浜FC ( 2020年9月23日    等々力 )

横浜FC・中村俊(左)と川崎F・中村憲剛
Photo By スポニチ

 川崎Fの元日本代表MF中村が左膝前十字じん帯損傷以来初となる先発復帰を果たした。

 8月29日の清水戦で途中出場し10カ月ぶりの復帰を飾っていたが、先発は負傷した昨年11月2日の広島戦以来326日ぶり。前半だけで交代したが、「チームの一員として役割を果たせるように」と話していた通り、左MFでプレーし、鋭いパスを供給するなど、随所に“らしさ”を発揮した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月24日のニュース