川崎Fルーキー旗手、静学魂2発 大先輩・カズとの初対戦に「幸せ」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第18節   川崎F3-2横浜FC ( 2020年9月23日    等々力 )

後半22分、川崎F・旗手がこの日2点目のゴールを決める
Photo By スポニチ

 川崎Fの大卒ルーキーMF旗手が、大先輩の前で自身2度目の1試合2得点を記録した。1―0の後半1分、2―1の後半22分にいずれも右足でゴールをマーク。今季の得点数を5に伸ばし「落ち着いて決められた」と振り返った。

 カズと同じ静岡学園出身。84年にPL学園の遊撃手として甲子園で春夏連続準優勝した父・浩二さんは、カズと同い年の53歳だ。旗手は大先輩との初対戦を「日本サッカー界を引っ張ってきた人と一緒にプレーできたのは幸せ」と振り返り「名前を覚えてもらえるような活躍ができて良かった」と喜んだ。旗手の活躍もありチームはこれで6試合連続で3得点以上を記録。6連勝で、2年ぶりのV奪回へ盤石の態勢を整えつつある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース