バルサのスペイン代表17歳FWファティがトップチーム昇格、背番号22 スアレス後継者の期待

[ 2020年9月24日 22:01 ]

ウクライナ戦でシュートを放つスペイン代表FWアンス・ファティ(右)(AP)
Photo By AP

 スペイン1部バルセロナは23日、スペイン代表FWアンス・ファティ(17)が正式にトップチームに昇格すると発表した。

 背番号はインテル・ミラノ(イタリア)に移籍したMFビダルが付けていた「22」に決定。移籍金は4億ユーロ(約492億円)に設定された。

 下部組織時代に日本代表MF久保建英(ビリャレアル)と一緒にプレーしたファティは、U―19チームに在籍していた昨年8月にトップチームでデビュー。昨季は公式戦33試合に出場して8ゴールを挙げた。

 今月にはスペイン代表でデビューを果たし、2戦目で初ゴールをマーク。17歳311日で同代表最年少得点記録を樹立した。

 地元紙ムンド・デポルティボは「ファティはスアレスの背番号9を引き継ぐべき」と報じ、同日にアトレチコ・マドリード移籍が決まったFWスアレスの後継者として大きな期待を寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月24日のニュース