ハリル監督1時間オーバー熱弁「A代表のアイデンティティーを」

[ 2016年12月7日 05:38 ]

S級コーチライセンス講習会で講義したハリルホジッチ監督(右)
Photo By スポニチ

 日本代表のハリルホジッチ監督が6日、都内で行われたJFA公認S級コーチライセンス講習会で講師を務めた。

 受講者として中山雅史(JFL沼津)、鈴木隆行氏、戸田和幸氏ら日本代表経験者も出席。A代表の練習風景や試合の映像を交えながら、予定を1時間近くオーバーして約3時間も熱弁し「A代表のアイデンティティーを話した。守備、攻撃の原則、メンタルの話をした。全部を説明するには2時間じゃ十分じゃなかった」と語った。

 鈴木氏は「良かったです」と充実の表情。指揮官は話しだしたら止まらないだけに、関係者は「長くなるのは想定内」と苦笑い。予定していた時間を大幅に超えるのは“予定通り”だったようだ。ハリルホジッチ監督は「(出席者から)積極的に意見も出た」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース