シャルケ内田、遠征メンバー入り 1年9カ月ぶり復帰へ前進

[ 2016年12月7日 23:37 ]

アウェーのザルツブルク戦の遠征メンバー入りしたシャルケ内田
Photo By スポニチ

 シャルケのDF内田篤人(28)が、約1年9カ月ぶりに公式戦出場する可能性た高まった。8日の欧州リーグ、アウェーのザルツブルク戦に向けて、クラブは7日に内田が遠征メンバーに選ばれたと発表。ワインツィアル監督は6日に「彼が同行できれば我々全員にとって非常にうれしい」とコメントしていた。

 内田は15年3月10日の欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦のレアル・マドリード戦を最後に公式戦から遠ざかっており、ザルツブルク戦に出場すれば639日ぶりのカムバックとなる。

 リハビリに長時間を費やしていた内田だが、10月に受けたMRI(磁気共鳴画像装置)検査で状態が改善していることが確認された。「俺はもう監督が“行け”って言ったら行くけどね」と復帰への意気込みを示していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース