新潟監督に三浦文丈氏有力 今季J3長野監督で3位

[ 2016年12月7日 06:23 ]

長野の三浦監督
Photo By スポニチ

 新潟の来季監督にJ3長野の三浦文丈監督(46)が有力になっていることが6日、分かった。

 関係者によれば、当初は元J2岡山監督で日本協会の技術委員を務める影山雅永氏(49)が有力となっていたが、折り合いがつかず方針転換。鹿島を過去2度率いた元ブラジル代表MFトニーニョ・セレーゾ氏(61)も浮上する中、選手として横浜、FC東京などでJリーグ295試合出場を誇り、13~14年シーズンに新潟でもコーチを務めた経験を持つ三浦氏でこの日までに一本化したという。

 J3長野を率いた今季は15勝7分け8敗で3位。J2昇格はならなかったが、来季はJ1での手腕発揮に期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース