神戸 DF橋本和が完全移籍で加入「タイトル獲得に少しでも力に」

[ 2016年12月7日 17:24 ]

 J1神戸は7日、浦和から期限付き移籍中のDF橋本和(30)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

 滋賀県長浜市出身の橋本は青森山田高、大阪体育大を経て2009年に柏入り。15年に浦和へ完全移籍し、今年7月から神戸へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が113試合5得点、J2が29試合0得点。今季は浦和でJ1リーグ戦1試合0得点、神戸で14試合0得点だった。

 橋本は神戸を通じ、「この度、ヴィッセル神戸に完全移籍することになりました。チーム初のタイトル獲得に向けて、少しでも力になれるように頑張りますので、引き続き応援してください」とコメント。

 浦和を通じては、「1年半の間、お世話になりました。この浦和での1年半はとても充実していて、多くのことを学ぶことができました。浦和で学んだことをこれからのサッカー人生に活かしていきたいと思います。ありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース