名古屋 “飛猿ジュニア”GK野村政孝と契約更新せず

[ 2016年12月7日 16:14 ]

 J2への降格が決まった名古屋は7日、契約満了に伴い、J3秋田へ期限付き移籍中のGK野村政孝(25)と来季の契約を更新しないと発表した。また、秋田も期限付き移籍期間満了での退団を発表している。

 東京都出身の野村は日本学園高、駒大を経て2014年に名古屋入り。だが、出場機会に恵まれず、今季からJ3秋田に期限付き移籍していたが、秋田でも出場機会はなかった。3年間でのリーグ戦出場はJ1、J3ともに出場なし。名古屋に在籍していた15年に天皇杯1試合に出場している。

 野村はドラマ「水戸黄門」の飛猿役としても知られる俳優で歌手、野村将希(64)の息子としても話題になった。

 野村は秋田を通じ、「1年間ありがとうございました。 自分自身、チームの力になれなかったことを不甲斐なく思います。いつか秋田で過ごしたこの1年が良かったと思えるよう、これからも精進していきたいと思います。ブラウブリッツ秋田の益々の活躍を心から願っています」とコメント。名古屋を通じてはコメントを発表していない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース