J2金沢 山藤が靭帯損傷で全治6週間 中美は肉離れで全治4週間

[ 2016年12月7日 16:54 ]

 J2金沢は7日、MF山藤健太(30)が右足三角靱(じん)帯損傷で全治まで約6週間、MF中美慶哉(25)が左大腿二頭筋肉離れで全治まで約4週間を要する見込みと診断されたと発表した。

 山藤は10月30日の明治安田生命J2リーグ第38節・徳島戦で負傷。中美は今月4日のJ2・J3入れ替え戦第2戦・栃木戦で負傷した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース