新潟 ラファエル・シルバの浦和移籍発表「J1に居続けることを願っています」

[ 2016年12月7日 17:11 ]

浦和に移籍する新潟FWラファエル・シルバ
Photo By スポニチ

 J1新潟は7日、FWラファエル・シルバ(24)がJ1浦和へ完全移籍することが決定したと発表した。

 ラファエル・シルバは2014年8月に新潟入り。14年はJ1リーグ戦7試合1得点、15年は17試合7得点、16年は23試合11得点だった。

 新潟を通じ、「新潟の皆様には感謝の言葉しか出てきません。スタッフ、クラブ関係者、選手、皆様に感謝しています。そして、いつも愛のあるサポートをしてくださったサポーターの皆様に感謝しています。みんなと過ごした2年半は最高の時間でした」と感謝のコメント。

 「私はチームを離れる決断をしました。このチームで学んだのは、サッカーのことはもちろん、日本の文化も学びました。そして、日本の素晴らしさを学びました。私にたくさんのことを教えてくれたアルビレックス新潟を愛しています。チームは離れますが、私はアルビレックス新潟を応援し続けますし、新潟がタイトルを取ること、J1に居続けることを願っています」と別れのメッセージを送った。

 また、浦和を通じては「浦和レッズの一員となり、大変光栄ですし、言葉にならないほどうれしく思います。僕が浦和に来たのはタイトルを獲るためです。そのために自分のすべてを捧げて戦いたいと思っていますので、応援よろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2016年12月7日のニュース