「球回しが上手」曽ケ端がクラブW杯初戦のオークランド警戒

[ 2016年12月7日 06:12 ]

パスの出しどころをさがす曽ヶ端(左から2人目)
Photo By スポニチ

 J1鹿島は8日に行われるクラブW杯開幕戦で対戦するオークランド(ニュージーランド)の映像を確認し、オセアニア王者への警戒を強めた。

 「スペイン人監督で(布陣は)4―3―3。前線に連動して攻めるシーンもあった。球回しが上手だった」と分析したGK曽ケ端。フィジカルの強さを前面に押し出すだけでなく、硬軟織り交ぜた攻撃スタイルを持つ相手の特長をインプットした。この日はフルコートでの紅白戦など強度の高いメニューを消化。下克上で世界切符を手にしたJ王者が、再び戦闘モードに入った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月7日のニュース