憲剛V弾 プロ14年目で通算50点目「長かった」

[ 2016年3月13日 05:30 ]

<川崎F・名古屋>50ゴールを決めた川崎F・中村憲はバナナのかぶりものをして「50」を手で作る

明治安田生命J1第1S第3節 川崎F3―2名古屋

(3月12日 等々力)
 川崎Fの中村もJ1通算50点目となる記念弾でチームを勝利に導いた。大久保が得点した9分後の後半39分、スローインから森本が頭で落としたところをミドルシュート。ボールは芝で滑るようにはずんでゴール左に突き刺さった。

 「2―2だったし、思い切って打とうと思っていた。課題は多いが、克服しながらいくことが大事」。プロ14年目の50点到達には「長かった」と笑顔を見せた。

 ▼名古屋FW永井 勝ち越し点はスペースが見えたので仕掛けて自分で運んでみようと思った。(2―2とされた後、この日2点目と思われたシュートもあったが、オフサイドの判定)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース