町田、名古屋破り初優勝 フットサル全日本選手権

[ 2016年3月13日 19:03 ]

 フットサルの全日本選手権最終日は13日、東京・国立代々木競技場で行われ、決勝は今季ゼビオFリーグ2位の町田が、Fリーグを9連覇して大会4連覇を目指した名古屋を5―3で破り、初優勝した。前半は3―3と点の取り合いで、後半に町田が2点を奪って突き放した。

 3位決定戦はFリーグ8位の浦安が同5位の府中に3―2で勝った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース