横浜・斎藤やってのけた弾!全米ベストセラー本に感銘

[ 2016年3月13日 05:30 ]

<新潟・横浜>後半、決勝ゴールを決た横浜・斎藤

明治安田生命J1第1S第3節 横浜2―1新潟

(3月12日 デンカS)
 横浜のMF斎藤が“やってのける”力で今季初勝利に導いた。1―1の後半44分。CKからの流れの中、最初はヘッドで狙う。相手DFにはね返されるが、すかさず右足で蹴り込んだ。「前半からCKのこぼれ球を狙っていた。ちょっと下がったり1歩2歩、修正していた」。エリア内の駆け引きも制した今季初得点が決勝点となった。

 7~9日まで日本代表候補合宿に参加、ハリルホジッチ監督の下では初めての招集で大きな刺激を受けてきた。「代表は大きいもの。14年W杯後、呼ばれなくなって苦しいけど、入っていくためには結果を残さないと」。早速、合宿帰りの一戦で結果を残した。

 今回、遠征の友に全米ベストセラー本「やってのける~意志力を使わずに自分を動かす」が加わった。「これ面白いんですよ」。目標達成までの策が著名な社会心理学者によって列挙されているという。終了間際のゴールはまさにやってのけた一撃だった。前半25分にはプロ初先発のFW富樫が左足で先制弾を決めた。新潟相手に敵地で勝つのは07年以来9年ぶり。横浜に勢いが出てきそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース