鹿島 開幕3連勝ならず「早い時間に失点、受け身になった」

[ 2016年3月13日 05:30 ]

鹿島は無得点で開幕3連勝ならず

明治安田生命J1第1S第3節 鹿島0-1仙台

(3月12日 ユアスタ)
 鹿島は、無得点で開幕3連勝はならなかった。0―1の前半25分、MF遠藤の左足シュートはバーを叩いた。仙台市出身の日本代表候補は「(見てくれた人が)少しでも“明日、頑張ろう”と思ってくれたら、うれしい。勝つ試合を見せたかったんですけどね。残念です」と肩を落とした。

 被災地支援に取り組む小笠原ら特別な思いで臨んだ選手は多かった。だが厳しいマークの前に沈黙した金崎は、終盤に交代を命じられると石井監督との握手を拒んでベンチへ。後味の悪い敗戦に指揮官は「早い時間に失点して、受け身になってしまった」とうなだれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース