U23手倉森監督 浦和・関根に辛口「もっと中に入ってシュートを」

[ 2016年3月13日 05:30 ]

視察するハリルホジッチ監督(右)とUー23手倉森監督

 U―23日本代表の手倉森監督が浦和―福岡戦を視察した。今月末のポルトガル遠征に向けて、浦和の遠藤、関根、福岡の金森、亀川らリオ世代の選手をチェック。

 この試合では、アジア最終予選メンバーから漏れた関根が先制点をアシスト、後半6分にも2点目の起点になるなど活躍したが「もっと中に入ってシュートを打てる場面があったのに」と評価は辛口。続けて柏―磐田戦を視察した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース