ホルン権田 脛骨骨折の疑いか?長期離脱の可能性も

[ 2016年3月13日 05:30 ]

ケガで長期離脱する可能性が出てきたホルンGK権田

 オーストリア3部ホルンのGK権田がケガで長期離脱する可能性が出てきた。11日に敵地で行われたSVオベルワート戦に先発したが、他の選手と交錯して後半9分に負傷交代。クラブは試合後、公式ツイッターで一度は脛(けい)骨骨折の疑いと発表。その後に削除した。

 詳細は不明ながら同箇所骨折なら最低でも2カ月の離脱となる可能性がある。1月にFC東京から1年の期限付きで加入した権田は4日のラピド・ウィーンB戦で欧州デビュー。約8カ月ぶりの公式戦を完封勝利で飾り、自身のツイッターで「失点せずに勝てて良かった」と喜びをつづっていただけにケガの状態が心配される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月13日のニュース