広州恒大 好機つくるも力及ばず…指揮官「今回は3位を狙う」

[ 2015年12月18日 05:30 ]

バルセロナ戦の前半、イニエスタ(右)と競り合う広州恒大MFパウリーニョ

クラブW杯準決勝 広州恒大0―3バルセロナ

(12月16日 横浜国際)
 広州恒大(中国)欧州王者相手にチャンスはつくったが、及ばなかった。

 ブラジル人5選手のうち昨年のW杯に出場したMFパウリーニョら3人が先発し、速攻とセットプレーで対抗。前半41分にはパウリーニョのFKをFWエウケソンが頭で合わせたが、相手GKブラボの好守に阻まれた。前半にDFゾウ・チョンが左足に重傷を負って交代したことも響いた。20日の3位決定戦は広島とのアジア対決で、フェリペ監督は「13年大会は4位だったので、今回は1つ上を目指したい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月18日のニュース