澤引退発表後のINAC初練習、大野「ホントに不安…」

[ 2015年12月18日 05:30 ]

INAC神戸の澤(左)と笑顔で話す大野

INAC澤が引退会見

(12月17日)
 いつもの練習風景に、何とも言えない寂寥(せきりょう)感が漂った。

 澤の引退発表後初の練習となったこの日、INAC神戸の選手らは思いをかみしめた。日テレ時代から“ホマちゃん”と呼び慕うFW大野は「実感がない。ここまでやってこられたのは澤さんがいたから。澤さんがいなかったらこのピッチに立っていない。(今後)ホントに不安…」と涙をこらえた。MF川澄にとっては小6で一緒に記念撮影してもらった憧れの存在。「(11年)W杯で初めてスタメンで出る時に“ナホならできるよ”と言ってくれたのが心強かった」と続けた。

 14歳から知る松田監督は11月頃から澤の揺れる心を感じ取っていた。今月に入ってから引退の意向を伝えられたといい「自分の想像しているプレーとやっているプレーに誤差が生じていたのでは。気持ちをプレーに表すし、それを持続するのは本当に大変だから」と思いやった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月18日のニュース