五輪アジア最終予選メンバーに南野、久保ら21人 残り2人は30日発表

[ 2015年12月18日 14:14 ]

U―23日本代表に選出された(左から)南野拓実、遠藤航、浅野拓磨

 日本サッカー協会は18日、来年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権(1月12日開幕、カタール)に出場するU―23日本代表(現U―22日本代表)のメンバー21人を発表。主将を務めるMF遠藤航(22=湘南)、海外組のMF南野拓実(20=ザルツブルク)とFW久保裕也(21=ヤングボーイズ)のほか、A代表経験もあるFW浅野拓磨(21=広島)らが順当に名を連ねた。

 U―23アジア選手権の登録メンバーは23人だが、この日は21人を発表。残る2人は今月22日から30日まで行う沖縄・石垣島での強化合宿を経て30日に発表される予定。

 最終予選は来年1月12日に開幕し、1次リーグB組の日本は13日に北朝鮮、16日にタイ、19日にサウジアラビアと対戦。決勝トーナメントを勝ち抜いた上位3チームに五輪出場権が与えられる。

 代表メンバーは以下の通り。

【GK】櫛引政敏(清水)、杉本大地(京都)、中村航輔(福岡)

【DF】松原健(新潟)、室屋成(明治大)、亀川諒史(福岡)、山中亮輔(柏)、岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、奈良竜樹(FC東京)

【MF】大島僚太(川崎F)、遠藤航(湘南)、原川力(京都)、井手口陽介(G大阪)、矢島慎也(岡山)、南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(FC東京)

【FW】久保裕也(ヤングボーイズ)、浅野拓磨(広島)、鈴木武蔵(水戸)、オナイウ阿道(千葉)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年12月18日のニュース