U―23主将の遠藤 最終予選へ決意「覚悟と責任感持ってプレー」

[ 2015年12月18日 15:54 ]

湘南のDF遠藤

 湘南は18日、DF遠藤航(22)が来年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権に出場するU―23日本代表メンバーに選出されたと発表した。

 最終予選で代表チームのキャプテンを務めることも決定した遠藤は、クラブを通じてコメントを発表。「U―23日本代表に選んでいただき、光栄に思います。日本を代表して戦う、覚悟と責任感を持ってプレーし、リオ五輪の出場権を獲得して帰ってきたいと思っています。個人としては、キャプテンとしてチームを引っ張っていきたいと思いますし、ピッチの上で自信をもってプレーし、戦う姿を見せたいと思います」と決意を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月18日のニュース