香川 ドイツ杯8強入り貢献も…先発落ちで悔しさあらわ

[ 2015年12月18日 05:30 ]

アウクスブルク戦の後半、競り合うドルトムントの香川(右)

ドイツ杯3回戦 ドルトムント2―0アウクスブルク

(12月16日)
 ドルトムントの日本代表MF香川がドイツ杯8強入りに貢献した。

 16日に敵地での3回戦アウクスブルク戦に後半13分から途中出場。1―0の21分にFWムヒタリャンのゴールにつながるパスを供給して追加点を演出した。ただし2戦連続のベンチスタートで、ここ4試合では3度目だけに、試合後は「スタメンで出たいっていう気持ちは強い」と悔しさをあらわにした。次戦は19日にアウェーで行われるケルンとのリーグ戦。年内最終戦に向け「次は中2日ですから切り替えてやっていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月18日のニュース