ハリル監督 バルサ戦視察で“別格”実感「努力せずに済んだ」

[ 2015年12月18日 05:15 ]

クラブW杯準決勝 バルセロナ3―0広州恒大

(12月16日 横浜国際)
 日本代表のハリルホジッチ監督がバルセロナ―広州恒大戦を視察した。

 バルセロナは理想に掲げるクラブの一つだが、この日は余力を残しながらアジア王者を3―0で一蹴するという内容。「バルサの一方的な、努力をしなくてもいい試合。スアレス、イニエスタの個の能力で勝った。バルサは全然(レベルが)違うチーム」と振り返った。

 また体調不良で欠場したメッシについて「重大でないことを祈っている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月18日のニュース