マンU―セレッソ 来夏にも実現?ヤンマー関係者「やるなら大阪」

[ 2012年9月16日 13:59 ]

 マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(23)が、来夏にも日本に凱旋して古巣のC大阪と親善試合を行う可能性が出てきた。

 14日に同クラブと3年間のパートナーシップ契約を結んだヤンマーの関係者が、マンチェスターUを日本に呼ぶ計画について「考えている。これから話を進めていく。やるとすれば、大阪がいい」と説明。対戦相手については明言を避けたが、同社がパートナーカンパニーを務めるC大阪が最有力。実現すれば、香川は06~10年に所属していた古巣と移籍後初対戦が実現することになる。

 マンチェスターUは毎夏に世界的なプレシーズンツアーを行っており今夏は中国など5カ国で6試合を行った。来日すれば08年12月のトヨタ・クラブW杯以来となり、香川とともに注目を集めることになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース