丸山、試合中に涙「嫌な乗られ方して」昨年の大ケガ頭よぎった

[ 2012年9月16日 07:52 ]

前半、競り合うINAC神戸・高瀬(右)と大阪高槻・丸山

なでしこリーグ第10節 大阪高槻0-6INAC神戸

(9月15日 万博)
 大阪高槻は首位INAC神戸に0―6で大敗。なでしこジャパンのFW丸山は試合中に泣いたことを告白した。
【順位表】

 後半19分、昨年大ケガを負った右膝に相手選手の体重がかかりピッチで苦もんの表情。大事には至らなかったものの、沢に抱きかかえられながら担架でピッチを後にし「嫌な乗られ方をしてドキッとしてしまって…」と目頭をぬぐった。試合は零敗でシュート0本。踏んだり蹴ったりに終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月16日のニュース